APPGUARD

「これまでにない発想で」あなたのPCを守ります

ウイルスを検知・駆除する従来の検知型セキュリティソフトには限界があり
未知の不正プログラムによるサイバー攻撃を完全に防ぐことは不可能です。
未知なる脅威に対しては、OSをプロテクトすることが有効です。

  • 従来の検知型ソフト

    ウイルスがPCに入らないように検知して防御する

    未知のウイルスやゼロデイ攻撃は防御できない

  • OSをプロテクトするAPPGUARD

    ウイルスがPCに入っても攻撃させない

    AppGuardはウイルスが入ってもOSを保護

AppGuardを導入し未知の攻撃も防御

※AppGuardはウイルス駆除は行わないため、アンチウイルスとの併用を推奨致します

APPGUARD特徴

主な防御方法

  • 不正なプログラムを「起動させない」

    マルウェア感染後、不正なプログラムは「システムフォルダ」ではなく、 「デスクトップ」や「マイドキュメント」に不正にインストールされます。
    AppGuardは、実行させるプログラムの「格納場所」を見て、不正なプログラムを起動させません。

  • あやしい処理を「遮断する」

    起動した後のプログラムもAppGuardは監視します。
    OSの一番重要なところ「レジストリ」「重要なシステムファイル」を触れさせません。

※上記は、一部の防御方法です。詳細はお問い合わせください

NISCガイドライン準拠

  • 未知の
    脅威への対策
  • シグネチャに
    依存せず
  • 端末負荷が
    増加しない

AppGuardは、NISC(内閣サイバーセキュリティセンター)から発行されている
平成30年度版 政府機関等の対策基準策定のためのガイドラインに準拠(※)

※上記は、一部の防御方法です。詳細はお問い合わせください

紹介動画